edit logo final_工作區域 1.png
edit logo type.png
OUTLINE.jpg

OUT LINE

2017 by DAIKI TADO 田渡大貴

PBT Fiber, EFP Dye, Epoxy Resin

DAIKITADO_edited.jpg
OUTLINE2.jpg

モノの形は外形線によって定義されているように思う。図面や3Dモデリングでの処理を必要とするプロダクトのみならず、草木や石ころのような自然物にいたるまで、外形線が素材感や色彩を縛ることにより、形は定義され、空間から個別の存在として分断される。逆に外形線がないということは、モノとしての表面が与えられず、空間との境界も曖昧な状態ということだ。外形線のないプロダクトは存在しえないのだろうか。それは現実と異なる次元で展開されるヴァーチャル上でのみ成立するイリュージョンかもしれない。どうにかそれに接近してみたい。 φ0.35mmの特殊繊維で構成されたOUT LINEは、上部の外形線(outline)が発散し、空間に色彩だけが放り出されたような状態で存在している。プロダクトとしての上面が消失しているので、置かれたモノは色彩の中へと沈みこみ、溶け合うように静止する。一見不可思議な状況のようにも思えるが、モノが自身の重さを認識しなおし、潔く重力を感じているようで、振る舞いとしては今まで以上に自然な状況にも思えてくる。

Every sort of things is defined by an outline. Not only products that require processing in drawings and 3D modeling , but also natural objects such as plants and stones. Outlines bind materials and colors, so that things can be defined and recognized for the first time. If there is something that has no outline, it feels like an illusion that only exists in the virtual world, but somehow I would like to get closer to it.  The “Out line” composed of φ0.35mm fibre. The upper part diverges and exists in a state, where only the colors are thrown into the space. When you place an object on top, the surface catches it and the object disappears gradually. So, it sinks into the color and rests to melt. Although it looks like a mysterious situation at first glance, it seemed more natural than ever for the gravity behavior of natural things.